白内障日帰り手術

白内障の日帰り手術

カメラに例えると、透明なレンズにあたる水晶体が白く濁ってしまう疾患が白内障です。 白内障手術は、この濁ったレンズを取り除いて、新たな人工のレンズと入れ替える手術になります。これにより視力を取り戻し、物がはっきりと見えるようになります。また、レンズの選び方しだいで近視や遠視の矯正や、老視や乱視の軽減も可能となります。麻酔は局所麻酔で行い、痛みはほとんどありません。手術の時間は通常10~15分程度となります。 白内障の手術は、日本国内においては毎年150万件以上行われている一般的な手術で、術式も確立された比較的安全性が高い治療となっています。そのため、最近では、白内障手術は日帰りで行うことが主流となっています。当院でも、日帰りでの白内障手術を行っていますが、目に重篤な合併症をお持ちの方や、日帰りでの手術が難しい方に関しましては、近くの病院をご紹介させていただいております。

白内障について
くわしくはこちら

手術までの流れ

Step1問診

現在の目の症状や日常生活への影響などについて伺います。
また、治療中のご病気や飲んでいるお薬などについても伺います。

Step2検査

視力低下の程度や目の状態を全体的に診察します。
(瞳を開く目薬を使うことがあります。しばらくの間ピントが合いにくくなりますのでご注意ください。)

Step3診察

白内障の程度を確認し、手術の必要性や時期についてご相談します。
手術のご希望がありましたら、日程を決め、術前の検査へと進みます。

Step4術前検査

目の形状や長さの計測など、手術に必要な検査を行います。
また、手術の際に支障となる病気がないかを判断するために、採血検査を行わせていただいております。

Step5手術説明・眼内レンズ相談

手術の内容やリスク、費用などについて分かりやすくご説明します。
手術で挿入する眼内レンズの選び方により、術後の見え方は大きく異なります。
患者さまのご希望を伺いながら、眼内レンズについてご相談します。

Step6オリエンテーション

手術前後の生活上の注意点や点眼などについて、スタッフから詳しく説明があります。

Step7手術日

手術3日前から手術当日の朝まで抗菌薬の点眼を行っていただきます。
手術当日は予約の時間にご来院いただき、手術を行います。

手術について

手術は点眼麻酔による局所麻酔で行い、手術時間は通常10~15分程度です。
手術後は、眼帯を付けけたままご帰宅いただきます。翌日の診察まで外さずに安静にお過ごしください。

手術方法

眼内レンズ挿入方法

白内障の手術の際は、点眼麻酔を行うため、手術中の痛みはほとんどありません。まず、黒目と白目の間を2~3mm切開します。次に、濁った水晶体を包んでいる袋の前面を切り取り、そこから専用器具を挿入し、超音波で濁った水晶体を砕いて、きれいに吸い出します。残った袋の中に眼内レンズを挿入して終了です。

眼内レンズについて

白内障手術では、水晶体の代用として人工眼内レンズを挿入します。白内障は、水晶体が濁って対象物が見えにくくなります。このため、水晶体を除去して人工眼内レンズを挿入する白内障手術を行います。眼内レンズには、ピントが1点で合う単焦点眼内レンズと複数の距離でピントが合う多焦点眼内レンズの2種類があります。また、乱視矯正が可能なトーリック眼内レンズもあります。

単焦点眼内レンズ

ピントが1点の距離で合う眼内レンズを単焦点眼内レンズと言います。患者様のライフスタイルに応じて、読書やテレビの視聴・パソコン作業が多い方は中間から近距離に合わせ、車の運転が多い方は遠距離にピントを合わせた眼内レンズを挿入します。

手術費用(単焦点眼内レンズ)

1割負担の患者様 片眼 約14,000円 / 両眼 約28,000円
3割負担の患者様 片眼 約42,000円 / 両眼 約84,000円

単焦点眼内レンズを挿入する白内障手術は、健康保険が適用されます。

手術後の管理

手術翌日に診察をします。
来院されましたら、スタッフが眼帯を外し、診察後から術後の点眼を初めていただきます。
ご自身のみでの洗髪・洗顔は、1週間程度お控えください。
手術後は以下のスケジュールでご受診いただいております。
手術翌日→3日後→1週間後→2週間後→1か月後→3か月後
手術の経過には個人差があります。上記のスケジュール以外にも受診いただく場合もありますので、医師の指示に従って受診してください。

  手術当日 翌日 3日後 1週間後
食事 来院の2時間前から
絶食してください
食事制限はありません
飲酒 × 多飲はお控えください 飲酒制限はありません
パソコン・
テレビ・読書等
× 目が疲れない程度でしたら可能です
運転 × × 視力が回復したら可能です
入浴 首から下のシャワーは可能です
顔は濡れたタオルで拭く程度にしてください
洗髪・洗顔・入浴が
可能です
術後1週間は絶対に目に水が入らないように注意してください
化粧 × × 目回り以外は可能です アイメイクが可能です
運動 × 散歩程度の軽い運動は翌日から可能です。
水泳など本格的なスポーツは1ヶ月程度禁止となります。

※ 手術後の経過には個人差があるため、経過によっては、個別に指示させていただく場合があります
ご不安なことなどがありましたら、お気軽にお尋ねください

手術後の合併症

昨今の医療の進展によって、白内障手術の安全性が高くなりました。ただし、手術における合併症は全くないわけではありません。
白内障手術後は感染予防のため、目を直接触ったり、こすったりしないでください。
また、手術後の点眼は決められた本数を決められた回数で行ってください。

眼内炎

非常に稀ですが、重篤な合併症です。術後数日以内に発症することが多く、目の痛みや充血を伴い、突然急激に見えにくくなることがあります。白内障手術後に、目の激しい痛みや充血・かすみなどの症状がある場合は、速やかに当院までご相談ください。

後発白内障

手術後数か月から数年経過した後に、再び白内障にかかったかのように白くかすんで見えにくくなることがあります。これを「後発白内障」といい、眼内レンを包んでいた袋(水晶体嚢)が、術後少しずつ濁ってくることで発症します。
白内障手術後の約2割の方に発症するとされており、決して稀な合併症ではありませんが、レーザー治療により、視力は元の状態へと回復します。レーザー光線を照射し、濁った水晶体嚢に穴を開けることで、光が再び眼底までスムーズに通るようになり、見えやすくなります。レーザー治療は点眼薬による局所麻酔で行い痛みはほとんどありません。時間は5分程度で終わります。

黄斑浮腫

嚢胞様黄斑浮腫と呼ばれ、術後早い時期に起こり網膜が浮腫みます。視力低下が生じるため、点眼薬やステロイド薬注射で症状を改善していきます。

手術後の診察と日常生活について
Q&A

手術前のよくある質問

手術までに必要な準備はありますか?

手術前の準備として点眼や内服などがあります。内容やタイミングについては術前のオリエンテーションでお伝えします。事前に、ご加入の医療保険・手術給付金などをご確認ください。

手術が決まってから手術日までどれぐらい通院しますか?

白内障手術を行うと決定してから、合計2回通院が必要です。通常、手術前検査と手術前最終診療を行います。検査の結果次第では3回の通院となる場合があります。検査前検査を行う際には、手術におけるスケジュールを作成してお渡しします。

手術当日は、時間は決まっていますか?

ご来院の時間や手術における所要時間などは、手術日近くになりましたら、ご連絡させて頂きます。

手術当日の付き添いやお迎えは必要ですか?

手術後は、片目で歩かなければなりません。可能でしたら、ご家族などの付き添いやお迎えをお願いしております。付き添いやお迎えが不可能な場合は、タクシーなどをご利用頂き、十分お気をつけてご帰宅ください。自動車やバイク・自転車の運転はお控えください。

1人暮らしをしています。術後は大丈夫でしょうか?

術後は、タクシーなどを利用してご帰宅ください。普段からご自身で身の回りや服薬などを行っている方でしたら、問題ありません。術後の通院がご自身だけでは難しいという方には、入院設備の整った医療機関をご紹介させていただいております。

手術内容についてのよくある質問

手術の痛みはありますか?

点眼麻酔を行っておりますので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

手術の所要時間はどのぐらいですか?

術前の準備で1時間程度、手術自体は10~20分程度の所要時間です。術後はご要望があれば院内でお休み頂くことも可能ですが、すぐにご帰宅いただけます。

手術後のよくある質問

眼帯は手術後どのくらいの期間つけますか?

薄い金属の眼帯を手術直後から翌日の診察までつけて頂きます。翌日の診察以降、外出の際は保護眼鏡のご使用をお勧めしております。

手術後の痛みはありますか?

個人差がありますが、チクチク・ゴロゴロした違和感覚えることがあります。我慢が出来ないほど強い痛みになることはありません。また、手術後は痛み止めの内服薬も処方しております。

  • 03-3717-356003-3717-3560
  • WEB予約WEB予約
TOPへ