花粉症

花粉症とは

花粉症私たちには、細菌やウイルスなどの攻撃から体を守る「免疫」という防御システムが備わっています。この免疫が過剰に反応することをアレルギーと言い、組織に炎症を引き起こし、痒みや腫れなどを生じます。
アレルギーを引き起こす原因は様々ですが、その中でも、花粉に対するアレルギーを「花粉症」と呼びます。花粉症というと、一般的には春先のスギが有名ですが、ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギなど、夏や秋にかけても症状を引き起こすものがあります。

花粉症の症状

「花粉症」は、花粉が目や鼻の粘膜に接触することで引き起こされます。主に目や鼻に症状が表れますが、全身性の症状を伴うこともあります。

目の症状

花粉が目の粘膜に付着すると、目の中や目の周りがかゆくなります。かいたり、こすったりすることでさらに悪化し、結膜や角膜を傷つけ、充血やゴロゴロとした異物感、涙目、目がかすむなどの症状が生じます。時に、激しく結膜がむくみ、まぶたが腫れることもあります。

鼻の症状

透明のさららとした鼻水、鼻づまり、発作的で連発するくしゃみが特徴的です。風邪の症状とよく似ていますが、熱はでません。

全身症状

花粉症は全身の病気なので、進行していくとだるさや熱っぽさ、集中力の低下、倦怠感などの全身の症状が表れることがあります。

花粉症の対策

花粉症の症状を軽くするためには、正しい食生活と花粉を付着させない日々の習慣、そして、症状を抑えるための治療が大切になります。
毎年若干の違いはあっても、同じような時期に花粉は飛散します。飛散シーズンの少し前から、予防をすることが症状の緩和に効果的です。また、ゴーグルやマスクなどの予防アイテムを使って、花粉が粘膜に付着する機会を減らすことで症状を軽くすることができます。

花粉対策

「初期療法」で症状を軽く、シーズンを楽に乗り切る!

花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。飛散シーズン前から点眼治療を始めることで、症状の出現を遅らせ、症状を軽くすることが期待できます。花粉が飛び始める2週間前、もしくは症状が少しでも現れたらすぐに、抗アレルギー点眼薬を開始し、楽にシーズンを乗り切りましょう。

治療

薬物療法

抗アレルギー点眼薬

アレルギーを引き起こす、ヒスタミン等の物質が放出されるのを抑えたり、ヒスタミンの作用をブロックする点眼薬です。症状が始まる前から使うとより効果的です。

ステロイド点眼薬、軟膏

抗アレルギー点眼薬を使ってもかゆみが治まらないときに、ステロイド点眼薬をあわせて使います。瞼や目の縁にもかゆみがあるときは、軟膏のタイプを使います。

免疫抑制剤

抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬が効かない、もしくは使えない患者さまに対しては、免疫抑制剤の点眼薬を使うことがあります。

点鼻薬

くしゃみや鼻づまりなどの症状に対して使います。当院ではナゾネックスという、ステロイド点鼻薬を処方しています。

内服薬

点眼薬以外にも、抗アレルギー薬の内服治療もあわせて行います。目以外の症状が強いときには、耳鼻科や内科を受診していただくこともあります。

アレルギーの検査(イムノキャップラピッド)

アレルギーの原因となる「アレルゲン」を測定する検査です。
指先から少量の採血を行い、花粉やハウスダストなど8種類のアレルゲンを調べることができます。痛みも少なく、お子様でも受けることができる検査です。結果は20分程で分かりますので、当日に一緒に結果を確認し、今後の治療方針を相談することができます。
保険適応の検査です。

  • 03-3717-356003-3717-3560
  • WEB予約WEB予約
TOPへ